海外医薬品販売

海外で販売されている海外医薬品を自分で使用するために、直接購入することが「個人輸入」です。最近海外ジェネリック医薬品通販サイトを利用すれば、ネット通販と同じような気軽さで利用できます。医薬品を個人輸入で激安に購入することが出来ます。

医薬品やサプリメントの個人輸入もまったく同じで、国内のネット通販と同じような気軽さで、簡単に利用できます。法律的にも違法ではなく、個人使用する目的での個人輸入は薬事法に定められた制限内に限り法律で認められています。

個人輸入のコツ
個人輸入通販サイトで商品を選ぶのでなく、自分がよくわかっている商品(日本でも外国でも売っている国際的なブランド商品)で内外価格差が大きい商品を安く購入する為に利用する。関税がかかる場合があるので、送料込みで¥16666以下におさめる。バイアグラなどの医薬品を個人輸入する際は、「偽物」をつかまされることがあるので、価格の安さよりも通販サイトの信頼性に重きを置いてショップ選びをする。日本へ発送未対応の海外通販サイトは海外発送(海外転送)サービスを利用する。

海外発送(海外転送)サービスとは?
海外サイトで購入する場合、国外のクジットカードは受け付けても国外への発送を受け付けないショップがあります。そんな場合に利用すると便利なのがこのサービス。発注の際商品の送り先を海外転送サービスの会社の住所宛てとして購入し、後に日本に転送してもらえるサービスです。

海外医薬品を買うときの4つの注意点

海外医薬品を購入しようとしている人は、これから説明する注意点を確認した上で、購入するかどうか考えましょう。

1. 日本と海外の基準は違う

製品に対する品質や安全性など、日本と海外では基準が違います。
全く品質や効果などが検証されていないケースもあるので、注意が必要です。
効果がないだけでなく、有害物質が含まれていて、健康被害が出ているケースもあります。

2. 不衛生な場所や方法で作られた可能性

不衛生な場所や方法で作られた場合、医薬品の中にウィルスや有害物質などが混入している可能性があります。その場合、医薬品を摂取したことが原因で、何か症状が出たり、別の病気にかかったりしてしまいます。

3. 商品の効果がウソ

日本の医薬品は、承認されている範囲内でしか効果を表示することができません。しかし、海外医薬品の場合、虚偽または誇大に効果をうたっている場合もあります。商品パッケージに書かれている有効成分が多すぎる場合や、表示されていない成分が入っている場合もあります。

4. ニセモノ
海外では、正規メーカー製品の偽物が多く出回っています。例えば、インターネットで手に入るED(勃起不全)治療薬は、半分以上が偽造品であったとの調査結果も出ています。精巧に作られているものも多く、見分けるのは非常に困難です。

オススメサイト情報

✾男性精力剤は勃起障害、早漏、性欲不足という性機能障害を改善できます。シアリスは有名な勃起障害改善男性精力剤です。

✾女性用媚薬の効果というと、女性達が媚薬を使うと、体は燃え上がり、セックスをしたくてならないという状態に陥っています。